HOME > 天然素材を選ぶ理由

天然素材を選ぶ理由

天然素材を選ぶ理由

昔の建物が500年、1000年と原型をとどめている理由

材木イメージ

寺社仏閣に代表される、昔から現存する自然素材・天然素材で作られた建物は、それだけで長持ちする条件を満たしています。土・石・瓦・草・木など、有機物と無機物の割合がバランスが良く作られ、家全体が「呼吸するように」考えられていました。

天然素材:イタリア漆喰(ラスチコ)

イタリア漆喰(ラスチコ)
漆喰とは・・・?

漆喰とは消石灰(水酸化カルシウム)とCO2との反応で固結するという原理にもとづく壁材であり、消石灰を主原料に、のりなどを添加した壁材のことを“漆喰”といいます。

調温効果に優れ、空気清浄化作用に富んだ、化学物質を含まない天然素材100%の塗り壁材です。


‐ 漆喰を使う理由 ‐
・漆喰は、湿度を調節し、結露からくるカビやダニを防止します。
・悪臭やホルムアルデヒドなどのVOC(揮発性有機化合物)を吸着する機能があります。
・静電気が発生せず、ビニールクロスよりもはるかに汚れにくい仕上げです。
・漆喰には有害な物質が含まれておらず、廃棄されても環境に優しい天然素材です。
・アルカリ性のため、抗菌作用が長期間持続します。燃えません!


‐ 天然防カビ・抗菌剤 ‐
主成分である石灰(酸化カルシム)は、強アルカリ性です。
カビや細菌の発生や増殖を防止する効果があり湿気を吸収してもカビません。


‐ 室内の湿度の調整機能 ‐
多孔室な表面の為高い吸湿性能が冬季の結露を防止し、日本の梅雨のようなベタベタ感を軽減します。


‐ 二酸化炭素吸収特性 ‐
生活の中で、ゆっくり良い反応を繰り返してくれる、長いライフサイクルの商品です。
漆喰の主成分である酸化カルシウムは、空気中のCO2を吸収し続け、非常に長い年月の反応の中で石灰岩の状態に戻っていきます。
石灰1トンの使用で0.65トンのCO2を吸収・分解するといわれています。

天然素材:無垢フローリング

無垢フローリング

針葉樹、広葉樹の無垢フローリング。表面は塗装仕上げをせずに、天然木本来の調温効果や断熱性を重視しています。

特徴としては、冬の寒い日でも踏んでもひゃっと感じませんし、素足にしっくりきます。座布団がなくても座っていられるし、何よりも無垢材にしかない木の香りはいつも気持をなめらかにしてくれます。

・無垢材とは天然の木材だけで構造材にも仕上げ材にもなります。
・天然の木だけに自然のいい香りがします。
・触れると何となく暖かい感じがします。

‐ パイン材を日本語で表すと「松」です。 ‐
パイン材は針葉樹独特の木目、節の素朴さ、香り、温かみのある柔らかさなどが人気の秘密です。
香りでは針葉樹得有の「森林浴効果(フィトンチッド)」でリラックス効果があります。
自然の木の感触が心を癒してくれます。