HOME > 本当に安心できる家づくり

本当に安心できる家づくり

本当に安心できる家づくり

寿命の短い家でいいのか?

住宅イメージ

なぜ寿命が短くなったのか?
高度経済成長と共に「早く・安く・大量に」家を作ることができるように化学建材が使用されるようになりました。
これらは、日本の気候を無視した寿命の短い素材です。つまり、これら化学建材の寿命がそのまま住宅の寿命となってしまっているのです。

現代の住宅の寿命は26年から30年の間と言われます。
これでは、ローン完済までに、建て替えや大規模な改修が必要になります。

化学建材がもたらす「化学物質過敏症」

化学建材がもたらす「化学物質過敏症」

さらに、これらの建材に含まれる化学物質が徐々に飛散し、住環境を汚染していきます。
また、断熱性を保つために高気密な断熱材を使用することによって、住宅が「呼吸」しなくなるのです。
その結果、シックハウス症候群に代表される化学物質過敏症(CS)などの深刻な病にかかるケースが非常に増えてしまいました。

私達が目指すのは「本当に安心できる家づくり」です!

住宅イメージ

私達が目指す家は、昔の日本家屋の良い部分(自然素材・天然素材)を取り入れ、化学物質を使用しない、安全で長持ちする住宅です。
古くを知り、今を生き抜いてきた我々現代人の経験と知恵と理解を融合させた家づくりこそが、子供たちが快適で安心して暮らすことのできる住環境への第一歩となります。