HOME > 木の特徴と種類

木の特徴と種類

檜葉(ひば)

腐りにくく、最も耐水性のある木材と言われています。
独特の強い薫りは、精油成分によるもので、有名なヒノキチオールはヒバの精油成分のひとつです。この成分のお陰で、腐朽菌に強く、白蟻などの害虫も寄せつけません。

優れた耐水性と耐朽性で、土台や木製の浴槽などにもよく使われます。

桐(きり)

軽量で柔らかく、加工がしやすい。狂いや割れも少なく、吸湿性に優れていることから、衣類の保管に最適で箪笥などに使用されています。

欅(けやき)

強度があり耐朽性に優れている。重くて堅いが、弾力性があり、曲げに強い。日本の広葉樹の中でも優良材の一つといわれています。
木目が明瞭で美しいので、家具などにもよく使われます。

杉(スギ)

木目がまっすぐ通っていて、柔らかく加工しやすいのが杉の特徴です。用途も幅広く柱や貫などの構造材として、天井や壁、床などの内装材として、また、障子や襖などの建具材としても多く使われまています。
日本で最も多く植林されている木なので、国産材のなかでは、最も安く手に入る材料です。

檜(ヒノキ)

乾燥性が良くて狂いが少ない木材です。
材質は柔らかく軽いですが、強度と耐朽性が高い優良材といえます。柱や土台に多く使われています。光沢のある木肌や独特の薫りが人気の木材です。
杉の次ぎに植林されている木ですが、同じ樹齢でも杉の半分ぐらいの太さにしかならないので、檜普請といえば、昔から贅沢な家の代名詞に使われています。

桜(サクラ)

中庸かやや重硬の硬さであり、其の重さの割には材質が素直で狂いが少ないです。
粘り気があって強い、切削り、その他の加工も難しくわなく、表面仕上げは良好で、磨くと光沢が出ます。材の保存性は高いほうです。

パイン(松)

ヤニが多く、ねじれやすいのが松の特徴です。
松は湿度が高いと白太にカビが発生しやすいので、伐採は秋から冬に限られています。樹木がヤニを出すのは自分の身を守るためといわれています。
また、ヤニの多い松は、材に粘りがあり圧縮力に対して強度が大きいといわれています。
比較的安価なので、内装用の床材として、梁などの横物使いの材として利用されることが多いです。

タモ

タモ材は現在人気のある木材で多くの家具に使用されています。
材質は硬く狂いも少なく加工しやすい材です。
以前は国内材でまかなっていましたが、現在ほとんど中国産となっております。
また、北米産のホワイトアッシュをタモ材として扱う場合も多いようです。

栂(トガ)

杉の代用として桁などの横物や、防腐処理をして土台などにも用いられます。また、辺材部が白く、塗装仕上がりもきれいなことから、造作材として使用されることも多いようです。

積層材(セキソウザイ)

積層材は従来の木材を3層(一例)に重ね合わせているために非常に丈夫でくるいが少ないです。
特に杉の無垢材を広面積使用すると、経年劣化で木が反りやすくなります。
積層材の接着剤には、ホルマリンなどの有害物質は一切含まれておりません。

集成材(シュウセイザイ)

自由な形状・寸法の部材が可能集成材は、幅、厚さ、長さ方向を自由に接着調整することができるため、長大材や湾曲材を製造することが可能です。
また、木材はもともと水分を多く含んでいるため、乾燥が不充分だと狂い、割れ、反りが生じてしまいます。そのため集成材はひき板(ラミナ)の段階で天然乾燥に加え、乾燥装置を用いて、含水率を15%以下まで乾燥して、狂いや割れ、反りの防止を図っています。